Wimaxをハイスピードプラスエリアモード以外で爆速にする方法って知ってる?周波数帯の変更で通信速度を上げる方法

Wimaxを利用していて、通信速度が遅いと悩んでいる人であれば、ポケットWiFiの周波数帯を5GHzに変更してみるのも一つだ。

Wimaxは機種によって、周波数帯を変更することが可能

どういうことか?というと、ポケットWiFiには周波数帯を、

  • 2.4GHz
  • 5GHz

いずれかに切り替えできる機種があることをご存じだろうか。

この周波数帯の切り替えに着目したのは、Twitterでみかけたつぶやきだった。

実は利用環境次第では、「5GHz」で利用することで通信速度が上がる可能性があるとのこと。

そもそもこの2種類の周波数帯はなんのか?だが、

■2.4GHzと5GHzの違いについて教えてください

2.4GHzは様々な家電製品・電子機器で利用されているため、他の機器との干渉を受けやすく速度低下を起しやすいですが、遠くまで電波が届きやすい周波数帯です。5GHzは、この周波数帯を利用している機器が少ない為干渉を受けにくく、安定して通信が出来ますが、あまり遠くには電波が届かず、通信が極端に不安定になる場合があります。


■2.4GHz

広く普及している周波数帯で無線LANに限らず様々な家電製品・電子機器で利用されています。そのため、他の機器との干渉を受けやすく速度低下を起こしやすいデメリットがあります。 逆に、5GHz帯と比べて遠くまで電波が届きやすいというメリットもあります。


■5GHz

この周波数帯を利用している機器が少ない為、干渉を受けにくく安定して通信が出来るメリットがあります。代わりに、電波があまり遠くへ届かず壁などの遮蔽物が多いと、極端に不安定になり2.4GHz帯に劣ってしまいます。

Softbank 2.4GHzと5GHzの違いを教えてください。より引用

そしてポケットWiFiの端末(モバイルルーター)では、デフォルト設定が周波数帯は「2.4GHz」に設定されている

Wimaxの場合、一般的に通信速度や安定させる時には、ハイスピードプラスエリアモードの利用が知られているが、周波数帯を「5GHz」に変更するとどうなるのか?

今回、周波数帯による通信速度や安定性について、手持ちの旧機種「W03」で検証してみた。

ポケットWiFi(Wimax)の周波数帯2.4GHzと5GHzではどう違うのか?旧機種W03で検証してみた。

検証に使用したのは旧機種「W03」だが、この機種は「2.4GHz」と「5GHz」を切り替えることができる。

ポケファイなう管理人の所有するWimaxのモバイルルーター「W03」
今回、検証用に使ったモバイルルーター「W03」

まず「2.4GHz」の設定で「W03」を手元に置き、iPhoneで通信速度を計測したが、いつもと変わらぬ通信速度だ。

Wimaxでモバイルルーター「W03」を使い2.4GHzで通信した時の通信速度(下り29.1Mbps)
Wimaxで普段、室内で使う通信速度はおおよそこのぐらいだ。

ではさっそく、「2.4GHz」と「5GHz」 を切り替えしよう。

周波数帯の切り替えはモバイルルーターで行える

「W03」の場合、周波数帯の切り替えは「通信設定 > Wi-Fi設定」から行える。

モバイルルーター「W03」のWi-Fi設定画面
HOME画面から通信設定→Wi-Fi設定と進もう

では「5GHz」に変更していこう。

モバイルルーター「W03」の周波数帯切り替え画面
周波数が2.4GHz、デフォルト設定ではコレだ。緑の部分をタップしよう。
モバイルルーター「W03」の周波数帯5GHzへの切り替え画面
「5GHz」が選択できることがわかる
モバイルルーター「W03」の周波数帯5GHzに切り替え時に表示される注意事項画面
ご注意(注意事項)が表示されるが「OK」を押そう

ちなみに「5GHz」に切り替えし、ホーム画面に戻ってみると、「DFS」と表示が点滅していた。

モバイルルーター「W03」の周波数帯5GHzに切り替え時に表示される「DFS機能」設定中表示アイコン
「DFS」というアイコンが点灯するのだが…

この「DFS」とは何か?だが、

■DFS機能とは

Wi-Fi 5GHz 帯を利用して、屋外で本製品を使用する場合、周囲に電波干渉を起こす気象レーダーなどがないかを最低でも1分間確認し、電波干渉を起こさないチャンネルを使ってネットワークに接続することが電波法により定められています。この機能を「DFS機能」と呼びます。

au 公式サイト よくある質問 より引用

先ほどの設定時、「ご注意」の画面にて、屋外での利用が禁止されている旨が表示されたのは、この「DFS」についてだ。

ただ「DFS」については、「DFS機能」で電波干渉を起こさないネットワークに接続してくれる。その設定には1分程度で文字は消灯、設定は完了した。

モバイルルーター「W03」の周波数帯5GHzに切り替え時に表示される「DFS」アイコンが消灯し設定が完了した時の画面

「5GHz」に設定、気になる通信速度はどうなったか?

さて、肝心の通信速度だが「5GHz」に変更し、「2.4GHz」と同様の環境で計測してみた。

Wimaxでモバイルルーター「W03」を使い5GHzで通信した時の通信速度(下り103.8Mbps)
au Wimaxの「W03」を室内で利用時、初の100Mbps超えだった

速くなっている…各段に…。実際にネット閲覧、動画視聴もしたが「速さ」を体感することができた

モバイルルーターから離れ、壁を隔てた部屋でも計測してみた

「5GHz」のデメリットとして言われる、「電波があまり遠くへ届かず、壁などの遮蔽物が多いと極端に不安定になる」点について検証してみた。

テスト環境はモバイルルーターを置いた部屋から2部屋分離れた部屋で計測してみた。

まずは「2.4GHz」の場合↓

Wimaxでモバイルルーター「W03」を使い、2.4GHzで通信した時の壁を隔てた部屋で計測した通信速度(下り17.4Mbps)
Wimaxのデメリットでもあるが、やはり遮蔽物があると通信速度は下がる

そして「5GHz」の場合↓

Wimaxでモバイルルーター「W03」を使い、5GHzで通信した時の壁を隔てた部屋で計測した通信速度(下り29.1Mbps)

さすがに通信速度は落ちたものの、管理人の環境で言えば、2.4GHzでいつも使うぐらいの速度はたたき出し、十分に使うことができた

まとめ!室内でモバイルルーターの近くで使うなら「5GHz」で利用するのも一つ

今回のテストでは「5GHz」で使ったほうが明らかに快適にWiFiが使えた

ただ、絶対に「5GHz」がベストな選択であるとも言い切れない。なぜなら通信が切れる、遅くなるというケースもあるからだ。

つまり、ご自身の環境で試してみて、より快適に使える場合なら「5GHz」を利用すればよい。

もし繋がりにくいと感じた時には「2.4GHz」に変更するか、モバイルルーターを再起動するのも一つだ。

また「5GHz」で繋がりにくい場合、「DFS」が関係していることもある。

「DFS」に原因があると思われる場合は、以下のサイトで詳しく説明してくれている。ぜひ参考にしてみてほしい。

ぜひ参考にしてみてほしい。

以上、Wimaxのハイスピードプラスエリアモードを使わずとも、周波数帯を5GHzに変更することで通信速度を上げることに成功した検証実験だった。

豆知識

Posted by isofinow